天一蔵出し生原酒

早川酒造部について

江戸時代から米穀商を営んでいた初代早川半三郎が、明治六年に現在の 四日市市天カ須賀で酒造りを始めたのが当蔵の最初となります。
明治の間は創業地で酒造りを続けておりましたが、酒造りの基本である品質のよい水を求めて、現在の朝明川の辺りに蔵ごと移築し、以来百年近くにわたり、鈴鹿山脈を源流とする清流朝明川の豊富な伏流水に恵まれた当地にて、日本酒を醸し続けております。

早川酒造部会社案内はこちらから

■早川酒造部のお酒造りの様子をご紹介
美味しいお酒が出来るまで
■当店の日本酒「天一」が飲める四日市市・桑名市・蟹江町のお店をご紹介いたします。
天一が飲めるお店
■早川酒造部のブログ
天一ブログ